ロゴ

トラブルなくマンションリフォームを実現するためのヒント

無事に成功させよう!

一軒家であれば、比較的自由にリフォームやリノベーション工事が計画できますが、マンションに住んでいると制約が多くてなかなか実現が難しい場合があります。どうすれば問題をクリアにできるのでしょうか。今回は、マンションリフォームをスムーズに成功させるためのアイデアについて詳しく見ていきましょう。

マンションリフォームの注意点

工具

規約や構造を確認

住んでいるマンションの規約や構造に基づいてリフォームの計画を立てることが重要です。共有部分はもちろんNGとなります、専有部分のみの施工になりますし、例え該当部分でも構造的に大規模な修繕工事が不可能なケースもあります。

届け出が必要

管理組合や自治会など関係各所に事前に届け出を提出する必要があります。組合の承諾が下りないと工事ができないことがほとんどです。急な申請では間に合わない場合も考えられますので、早めに相談して連絡することが肝心です。

業者の選定

マンション工事を多数手がけているような専門業者であれば、施工における注意事項や要領も掴んでいますし、マナーも心得ていることから気持ち良く施工を依頼できることでしょう。揉め事になるような事例は少ないといえます。

近所への配慮

工事中は、騒音やほこりなどで周囲に迷惑を掛けることになります。また共有スペースに資材などを置いたり、業者の出入りも増えたりして、普段とは異なる状況をつくりだしていることを鑑みて、挨拶やお詫びは忘れないようにします。

修繕工事の条件をクリアしよう

マンションの修繕工事はいろいろな制約があります。そのため大規模な修繕となるリノベーション工事を希望している場合は、とくに構造的な問題を事前に確認することが重要になってきます。では、構造的にあまり制約が少ないマンションはどのようなタイプになるのでしょうか。条件を詳しくチェックしていきましょう。

リノベーションしやすいマンションの条件

  • マンションを支える構造部分の壁や柱が干渉しない間取り
  • 非コンクリート部分が多い
  • 二重天井
  • 二重床
  • 部屋によって床の高さが変わらない
  • 浴室が特殊なサイズや施工方法ではない(既製品が合わないということがない)
  • 建材がカビなどでダメージを受けていない

[PR]
防水工事を東京の業者に頼もう
評判の高い業者を大公開♪

マンションリフォームをするなら事前にチェック!

インテリア

プランニングと心配りが大切!

集合住宅のリフォームやリノベーションが盛んとなっていますが、まずは事前にしっかりと計画を練っていくことが大切です。マンションリフォームに特化した業者に発注して、アドバイスをもらいながらプランを立てていきましょう。さらに組合や近所などに配慮して、スムーズに工事を進めていけるように気を配ることも忘れないようにします。

男の人と女の人

浴室リフォームで気をつけるべきこと

リフォームの中でも人気が高いのが浴室です。マンションであれば、システムバスのところがほとんどですが、まれにサイズが特殊であることで、浴室リフォームの費用が大きく変わってくる場合があります。標準サイズであれば、既製品と交換するだけで済みますが、サイズが不一致の場合はオーダーしたり、さらに大規模な工事が必要になりますので、費用は加算されるはずです。

[PR]
中古物件のリノベーションを依頼
快適な空間がゲットできる!